東松山名物やきとん&辛味噌

やきとん盛り付け例

全国的にもっともポピュラーな串焼きといえば「焼鳥」ですが、東松山では焼鳥ならぬ「やきとん」が基本です。 地元では「やきとん」のことを「やきとり」と呼び、夕方になると「やきとり」と書いた赤提灯に火が灯ります。

じっくり焼いたやきとんに東松山名物の「辛味噌」をつければもうヨダレが止まりません!焼鳥もいいけど、辛味噌&やきとんも絶対オススメです!
サラダや鍋にも使える辛味噌はオンラインショップショップさいなびでもご購入いただけます。

東松山名物やきとんの歴史

昭和30年代、カシラ肉はホルモンなどと同様にあまり食肉としては使われず、おもにハムやウインナーなどの加工肉食品の材料に使われていました。 昔は、肉は高級品でしたので、なかなか食べられませんでしたが、東松山市の隣の滑川町に屠畜場(食肉に加工する施設です)があったため、安価で新鮮なカシラ肉が手に入りました。

この肉を朝鮮半島出身の方が屋台で焼いて出したのが始まりです。また、母国で食べていた辛い味噌だれを思い出し、辛味噌を付けて出したことから、東松山のやきとんには辛味噌が欠かせなくなったのです。

喜楽特製!自家製辛味噌

箱詰めのやきとん

東松山のやきとん用辛味噌は、どの店でも自家製で作っています。お店ごとに原料や調合割合、仕込みの細かい手順などが違うため、食感や味にも違いが出ます。

喜楽では、30年に渡る改良の末、ようやく今の味にたどり着きました。口に入れるとピリッとした辛さがきて、徐々に甘みと旨みが広がっていきます。料理の引き立て役として大人気です! 元々やきとんに使われてきた辛味噌ですが、地元では幅広い用途で大活躍しています。

やきとんだけじゃもったいない!辛味噌の活用法

サラダのドレッシング代わりに

野菜の種類は豊富ですが、ドレッシングはいつも同じ、なんてことありませんか?

焼肉の付けダレ

「やきとん」と相性ピッタリの辛味噌だから、もちろん焼肉もとってもおいしくなります!

お鍋の味付け

人気のキムチ鍋ですが、「辛さはいいけどもっと和風がいい」という方もいるのでは?辛味噌が解決します!

煮込み料理の隠し味

一味や七味が煮込みの定番ですが、足せるのは辛さだけ。辛味噌なら味に深みも出ますよ。

ラーメンにも

人気のラーメン店の中にも、辛い味噌の塊を入れてあるところも多いですね。自宅でも味の変化を楽しめます!