田んぼ 粥の素ご紹介

喜楽は元々仕出しのお弁当を作ってきました。今でも毎日約500食分のデイサービスや高齢者福祉施設向け仕出し弁当を作っています。 そんな中で、利用者さんや施設の方々からこんなお困りの声をいただきました。

こんな方にお粥をオススメします
  • 硬い物が噛めない
  • 固形物が飲み込めない
  • 歯が痛くて強く噛めない

昔から、このような悩みに応えてきた食べ物は「おかゆ」でした。ただ、自分で作るとなると重いお米を買ってくることからして大変と感じる高齢者の方もいらっしゃるでしょう。 また、一人暮らしのいわゆる「独居老人」の方が火を使うことは極力避けたいというのが、離れて暮らすご家族の意向です。 これらのことをまとめて解決する方法はないか、とアイデアを探し始めました

ご高齢の方の暮らしを思い浮かべてみて、いつも用意されているものといえば、お茶を淹れるためのポットのお湯くらいです。 栄養面も考えたら、さすがにインスタントラーメンというわけにはいきません。悩んで悩みぬいたときにふと「お湯さえあればできるおかゆはないか」と思い立ったのです。

粉末にしました

そこからは、試行錯誤の連続でした。来る日も来る日もおかゆのことばかり考えていましたが、お米をそのままの形でおかゆにするためには、どうしても炊くなど火が必要でした。

行き詰まりかけたそのとき、「お米の形ではなく、粉末にしてみたらどうか」という発想の転換が起きたのです。 このアイデアにより、お米を粉末にしてみたことから、食べやすく、安全で、手軽にできるおかゆ「田んぼ 粥の素」ができたのです。


田んぼ 粥の素の作り方

作り方手順

レンジの場合

  1. 粥の素を電子レンジ用の容器(どんぶりや茶碗)に1袋入れます。
  2. ぬるま湯(30℃~40℃位)を250cc位粥の素が入った容器に注ぎます。
  3. だまができているので、泡だて器等でよく混ぜます。
  4. ラップをして電子レンジで2分30秒~3分位(500Wの場合)加熱します。
  5. 加熱が終了したら、ゆっくりラップを取り、粥の素を湯分が分離しているので、また泡だて器等でよく混ぜます。

※ お湯、加熱後の器が熱くなっていることがありますので、ご注意下さい。

直火の場合

  1. 粥の素1袋を鍋に入れます。
  2. 水約250ccを鍋に注ぎます。
  3. 弱火で約3分温め、沸騰したら火を止め、そのまま2~3分蒸らします。

※ 味があまり付いていませんので、お好みのものをトッピングしてお召し上がり下さい。
例・・・のり缶、醤油おかか、ねり梅等々

タンパク質の摂取を制限されている方は、主治医または栄養士にご相談の上ご使用お願いします。

よく混ぜないとつぶつぶが残る場合がありますが、いたんでいるものではございません。


田んぼ 粥の素の成分表

エネルギー204kcal
タンパク質11.7g
脂質7g
炭水化物23g
ナトリウム18mg
コラーゲン400mg(変動あり)
原材料米の粉、もち米の粉、動物性コラーゲン、大豆の粉(遺伝子組み換えなし)、削り節の粉末(さば・かつお)、しいたけの粉、昆布の粉末、雑穀の粉

※ 腎臓の働きに不安のある方、治療中の方にはコラーゲン、タンパク質(プロテイン)の入っていない『田んぼ』 粥の素もご用意しております。ご注文の際にお知らせください。